愛犬が長生きする方法は水素水にあり【お水にこだわるペットの食生活】

水素水がもたらす健康効果

犬は、人に比べてストレスが溜まりやすく、悪玉活性酸素が増えやすい傾向にあります。そのため、水素水を用いて活性酸素を減らすことは非常に有効であり、愛犬の長生きにより良い効果を与えます。しかし、ただ水素水をあげていれば良いというわけではありません。愛犬の健康のために重要なのは愛犬とのつきあい方であり、水素水はその補助をしてくれるだけなのです。

犬(ペット)に現れる水素水の効果&改善

椅子の上で休んでいる犬

活性酸素が増えやすい

人と犬で比較すると、犬のほうが人よりも悪玉活性酸素を生み出しやすい傾向にあります。

その理由は、ストレスです。

犬の生活というのは、人が思っている以上にストレスが溜まりやすいものです。

一日中家の中にいて、走り回ることも許されず、ほんの少しの間しか外に出かけられない。

そんな毎日が続くことがほとんどであり、そのストレスのもとで悪玉活性酸素が大量に発生してしまいます。

よって、犬は人よりも白内障や腎臓病になりやすく、水素水による活性酸素除去は重要になってきます。

活性酸素は様々なトラブルを引き起こす原因

活性酸素は、体内に入った細菌を除去してくれるため人には必要なものです。

しかし、活性酸素は細菌だけでなく、健康的な細胞も攻撃してしまいます。

そのため、活性酸素によって動脈硬化や皮膚炎、腎臓疾患といった病気になることが多いです。

これは犬にも同じ影響があらわれます。犬の体内に活性酸素が多い場合、前述した症状のリスクが犬にも生じます。

また、活性酸素は毛艶にも関係し、見た目も体内も老化が一気に進行します。

前述したように、犬は人に比べてストレスが溜まりやすいため人よりも動脈硬化や腎臓疾患の危険性が高いといえます。

また、ストレス以外にもペットフードの添加物やタバコの煙も活性酸素増加の原因になるといわれています。

改善例の紹介

・毛艶に改善の兆候あり。

・白内障に効果あり。

・アトピーの症状緩和を確認。

・ストレスによる抜け毛が減少。

・腸内環境の改善により便通が良くなった。

・ストレスによる口臭、体臭の軽減を確認。

・老犬が散歩の際に積極的に歩くようになった。

・弱っていた犬の食欲が回復した。

・水素水を使用以後ストレスによる無駄吠えの軽減を確認

・口腔内環境の改善を確認。

・長寿に効果あり。

・皮膚のトラブルが以前と比較して減った。

このように、水素水を用いることで様々な症状の改善例が報告されています。

ここで紹介されている症状は、抜け毛やアトピーなど腎臓の機能低下が影響しているものが多いのが特徴的です。

これは水素水を飲むことで活性酸素が減り、腎臓に負担がかからなくなったためであると考えられます。

そのため、水素水を飲ませることで内蔵から健康になり、愛犬の健康に大きな改善が望めます。

ペットボトルの水を飲む犬

腎臓病の改善や予防に最も効果的

腎臓は、血液を綺麗にしてくれます。具体的にいうと血液をろ過して体内の老廃物を排出するという役割を果たしています。

しかし、年をとると腎臓の機能は低下してしまいます。

その結果、体内に毒素や老廃物が溜まりやすくなってしまい、それが原因で体に様々な不調があらわれてしまうのです。

改善方法として、水分を多量にとることが挙げられます。

たくさん水を飲むことで体内の水分量と水分環境が改善される他、尿によって体内の老廃物を排出しやすくなります。

よって、愛犬に飲ませる水というのは非常に重要な役割を持っているのです。

水素水を飲むことで尿の量が増える他、活性酸素や老廃物を除去しやすくなり、結果として腎臓の負担は大幅に減ります。

水素水を与えるときの注意点

水素水は確かに効果があります。しかし、水素水ならなんでも良いというわけではありません。

水素水にも種類があり、「人気があるから」、もしくは「値段が安かったから」という理由で選ぶのは危険です。

逆効果にならないように注意すべきことは前もって知っておきましょう。

カルシウムとリン

「リン」と「カルシウム」のバランスが肝心

水素水選びに関しては、リンとカルシウムのバランスが重要です。

カルシウムはいわずもがな、骨を作る働きがあります。

リンはそんなカルシウムの働きを補助する役目があるのですが、リンが多すぎる場合、骨からカルシウムを奪ってしまいます。

その結果、骨粗しょう症になるリスクが増えてしまうため、リンとカルシウムのバランスはチェックしなければなりません。

理想的なバランスとしては、カルシウム2:リン1、もしくは両方共均等なのが好ましいとされています。

うなだれる犬

とくに腎臓が悪い犬(ペット)にはミネラル「ゼロ」の水素水が良い

水素水は、基本的に人が飲んでいるものを愛犬が飲んでも問題はありません。

しかし、腎臓が悪い犬がとある水素水を飲んだ場合、死亡するリスクが高くなるといわれています。その水素水とは、ミネラルが含まれた水素水です。もし犬がミネラル入りの水素水を飲んだ場合、腎臓の働きが悪いため体外にナトリウムなどが排出されず、体内に蓄積します。そうなると、腎臓に更に負担を与えてしまう他、不整脈によって心臓にも負担がかかるため、最悪死に至ります。腎臓に何も悪いところがない場合は命に別状はないので、水素水をあげる前に愛犬の健康状態は把握しておきましょう。

水分の摂りすぎは病気のサイン?

もし、愛犬が水をよく飲み、おしっこを大量に排出するようになった場合、注意が必要です。

犬の病気には頻尿に関連するものが多く、おしっこの回数が増える分体内の水分も減っているので水分をとっている可能性があります。

その場合は病院に連れて行き、診てもらうことをおすすめします。

病気の早期発見のカギは、飼い主であるあなた自身です。

愛犬の状態は、きちんと把握しておきましょう。

なお、オスかメスかによってかかりやすい病気の種類や体にかかる負担は変わります。

オス犬に多い病気

オスに多い排尿関連の病気として、尿道結石や前立腺関連の病気が当てはまります。

特に尿道結石は愛犬に相当の苦痛と負担を与えるので早めの治療を行いましょう。

メス犬に多い病気

メスの場合は細菌感染による膀胱炎や子宮蓄膿症が挙げられます。

放置した場合命に関わるため、病院で早めに抗生物質をもらいましょう。

犬は人の言葉をしゃべりませんし、苦痛をあまり訴えません。

最近水をよく飲んでいたり、おしっこの回数が増えたりいつもとは様子が違うなと思ったのであれば、すぐに病院へ行きましょう。

早期発見早期治療が、最も愛犬の健康に良いということをお忘れなく。