愛犬が長生きする方法は水素水にあり【お水にこだわるペットの食生活】

水素水と長生き

犬が長生きする方法とは、突き詰めれば人が長生きする方法と大して変わりません。適度な運動と栄養バランスの良い食事、そしてストレスの少ない生き方です。この3つを守っていれば、人も犬も幸せな毎日をおくれます。そんな長生きのための日常で役に立ってくれるのが、水素水なのです。水素水で体内の悪玉活性酸素を除去し、体の内部から健康になりましょう。

犬(ペット)用水素水の特徴

3つのPOINT

Point.01

天然水は美味しい

近年、水道水も随分味が見直されてきましたが、やはり天然水の味にはまだ遠く及びません。

水素水は天然水を使用していることがほとんどであり、しかも化学処理もしていません。

そのため、水道水よりも味が美味しく、飲み残しが増えるというリスクが少なくなっています。

加えて、添加物がほとんどないため健康面にも効果が大です。

Point.02

アルミパウチタイプは水素が逃げにくい

水素水は炭酸水と同じく、蓋を開けっ放しにしていると水素がどんどんと抜けてしまいます。しかし、これはきちんと蓋を閉めればある程度は水素が抜けるのを防ぐことができます。水素水の商品の中には開封後は3日間ほど持ち、未開封の場合は180日間持つ物もあります。

Point.03

大容量ならコスパ的にも安心

大型犬がいたり、多頭飼いしている場合は330mlの大容量タイプの水素水がおすすめです。

大容量タイプの方がコストパフォーマンスが高く、商品の中には前述したように開けても長持ちするタイプもあります。

そのため、いちいち買い直すという手間を大幅に省くこともできます。

水素水を購入した感想

女性のアイコン2

値段がお手頃価格なので定期購入に踏み切りました。

あまり家計に影響を与えない範囲のお値段ですし、愛犬だけでなくみんなで使えるのが嬉しいです。

ネット通販で買えるのでわざわざかつがなくても良いのがすごく助かってます。

男性のアイコン1

ネットで見たらミネラル入りが少し不安だったのでミネラルなしとはっきり書かれてるところで購入しました。

我家の愛犬は健康なのですが、やはり万が一が怖いので安心して飲ませられるのは嬉しい。

男性のアイコン2

獣医さんが勧めてきたので購入。結構嬉しそうに飲んでいるので多分美味しいんだと思う。二週間も飲ませ続けていると、前よりも元気になっている気がして嬉しい。

今は水素が長持ちするものを購入して仕事の時はその水を飲んでもらっている。

与える前に疑問解決!Q&A

水素水を愛犬に与える場合、やはり様々なことが気になって購入を踏みとどまる人は多いです。

そして、そんな気になることというのは、結構多くの人が共通していることです。

そこで、今回はそんな疑問をQ&A方式でまとめてみました。

1日にどのくらい与えれば良いですか?

飼っている犬のサイズによって差はありますが、一日に大体500~1500mlを2~3回に分けて飲ませるのがベストだとされています。

容器に入れた水素はどのくらい持ちますか?

コップやお皿に注いだ場合は24時間で水素が抜けきってしまいます。ですが、基本的に24時間経つ前にすべて飲むことがほとんどなので一日以上家を開けなければ特に問題はありません。

水素水は温めても大丈夫ですか?

沸騰は水素が抜けるのでNGです。しかし、沸騰しない程度に温めるのは問題ありません。具体的には60度未満なら大丈夫です。

水素を長持ちさせるコツ

大容量サイズの水素水を購入したのは良いですが、場合によっては余ってしまったということも珍しくありません。

そんな場合、水素が抜けてしまうというのは少々もったいない話です。

そこで、ここでは水素を抜けにくくする方法を紹介しましょう。

①必要分だけ入れる。

水素水は基本的にコップやお皿に注いだら丸一日で水素が抜けきってしまいます。

しかし、蓋のある容器なら数日は持つので必要分だけコップやお皿に注げば数日は水素が抜ける心配をする必要がありません。

②容器の空気を抜く。

水素は空気に触れるとなくなってしまいます。

よって、容器を開封したあとは容器の空気を絞りだす感じにして中の空気を抜いてからフタをすると少々長持ちします。

ずっと長生きしてもらうためには、なにをすれば良いの?

会話・散歩・健康診断の3つがとくに大切

家族はいつまでも元気でいてほしいものであり、愛犬も例外ではありません。

そこで、ここでは愛犬が長生きするための方法を紹介しましょう。

犬が長生きする方法。それは、人が長生きする方法と全く同じです。

家族と犬

犬と会話をしよう

我々は犬の言葉がわからないかもしれませんが、犬には我々の言葉や心がわかります。

犬は喜びの感情を伝えれば一緒になって喜んでくれますし、悲しめば気遣ってくれます。

そのため、できるだけ一緒にいてやり、楽しいという感情を共有し合いましょう。

長く一緒にいればいるほど愛犬との絆は深くなり、やがてこちらも犬の感情がわかるようになります。

ただし、寝ている時や食事中にしつこく話しかけると犬はストレスを感じますのでご注意を。

散歩に連れて行ってあげよう

愛犬を長生きさせる方法でもっとも重要なのが、散歩です。

家の外に出て様々な匂いを嗅ぎ、広い世界でおもいっきり体を動かせる散歩は、犬のストレス解消に無くてはならないものです。

また、運動をすることで肥満防止になるので健康面にも重要な意味合いがあります。

そのため、散歩はできるだけ毎日してあげましょう。時間配分としては、一時間程度が好ましいとされています。

毎日散歩を行うことで犬の足は鍛えられ、老後も寝たきりになるというリスクを防ぐことができます。

健康診断を受けさせる

病気の早期発見早期治療のために最も有効なのが、定期的な健康診断です。

獣医さんに定期的に診てもらい、体のどこかに異常がないかをチェックしましょう。

定期的に行うことで病状の発見が早く行え、病状が悪化する前に治療が行えます。

その結果、治療費も安くおさえることができる他、愛犬の健康も保つことができます。

なお、最も良いのは、健康診断で何も異常が見つからないということです。

健康診断で常に医師から太鼓判が出るように、愛犬の健康には気をつけてあげましょう。

健康診断を受ける犬

日頃から気遣ってあげれば天寿を全うできるかも

犬の横顔

悲しい話ですが、人と犬とは生きている時間の流れが違い、犬は、人よりも早く寿命を迎えてしまいます。

しかし、近年、犬の健康についての意識が昔に比べて遥かに強くなっており、犬の寿命は昔よりも長くなっています。

今や愛犬のためにしてやれることの選択肢は増え、正しい付き合い方というのもインターネットで簡単にわかるようになりました。

お水に水素水を使ったり、散歩や健康診断をきちんと行うことで、愛犬と一緒に長く生き続けることは決して不可能ではありません。

過去には、29歳(人間換算で約200歳)まで生き、天寿を全うした犬も数頭存在が確認されています。

最初から最後まで愛犬と向き合い続けて飼育すれば、30年以上付き合い続けていくことも不可能ではないかもしれません。

ですので、末永く大事な家族と向き合ってあげましょう。